日々のくらしのメモ

日々のメモ

2004年11月

DVD:イノセンスを見た感想


イノセンス スタンダード版

本編:99min?(うろ覚え) 事前説明:15min
評価:80点(100点満点)
短評:2度見ないと理解できないほど、世界観が深い。


詳細:
イノセンスは、甲殻機動隊の続編。
英語名は ゴースト イン ザ シェル

前作を見ていない視聴者のために、
甲殻機動隊の世界観についての事前説明が、
15分ほど、本編とは別にあり。

その内容は
甲殻機動隊や、ゴーストなど、このアニメの世界観を語る上での
基本事項の説明。
本編での布石がいくつもちりばめられており、
この事前説明が一番面白かったなー。

本編は、人間とアンドロイドの境界・区別のあいまいさについて
哲学的に論じられており、大人向きの内容。
単純な戦闘シーンは、最後の10分程度か。
そのような意味では、正義の味方がいて、悪の組織がいてという
お子様向けのアニメとは異なり、内容が深い。
登場人物のせりふに、孔子の言葉の引用などがあり、考えさせられる点多し。
1度見ただけでは、内容を理解できず、2度みたら、
話の伏線や布石が理解できた。

吉野家にメシを食べに行った。
当店限定とか書いていたので、
吉野家のソースカツ丼を注文して見た。

白飯の上にカツが乗っていて、キャベツがちょっと。
他に具はなし。
たれは、あまりソースの味が強くなく、甘口。
まあまあの美味かな。
ただ、おそらく、注文後油で揚げるのだろうか、
時間がかかるのが難点か。
腹は膨れたけど、ちょっと胃にもたれる感じかも

このページのトップヘ