日々のくらしのメモ

日々のメモ

2004年12月

クリーズアップ現代工場への派遣社員解禁概要:派遣社員を工場に導入した際の、経営の勘所 詳細は秘密

クリーズアップ現代
工場への派遣社員解禁
概要:派遣社員を工場に導入した際の、経営の勘所


派遣社員等(未熟者)使用するときのポイント
●10ある仕事のどれを正社員で、どれを派遣社員にするのか
難易度別
手作業など経験が必要なものは正社員
単純作業など、建研が必要なものは派遣社員

熟練者と未熟者(派遣・or正社員の若手)のペアで、技術の継承をしっかりと。

工程ごとにまとめて 派遣社員

その日ごとに、一人の担当者に別の仕事を振る場合、
派遣社員:極力、狭い範囲の業務
正社員:極力、広範囲の業務
検査
教育(事前講習 教材作成)
教育(毎日の管理)
バックアップ(派遣社員が急にやめた場合)


●短期間で派遣社員のレベルをあげるため。
派遣社員の適性を見るため、適性テストを行う。
ペグインホール作業
郵便の仕分け作業
最初の2・3日で、授業スタイルで、ベテラン社員が講習を行う。
短時間で習得できるような、人(先生)・物(教材)・場所(会議所)
必要に応じて、ビデオで説明
一番理解が甘い人が、次回の説明担当者(当然ベテランがバックアップ)


●不具合が出た場合の対応
不具合が出そうな場所・重要度をあらかじめ予見
致命傷の不具合は、正社員が検査
検査体制の見直し(頻度増加、検査者をベテランに、装置追加)

●失敗事例を共有し、未来に生かす仕組みを作る。
WEB上から、登録
検索性を向上

●なぜ、派遣社員をつかうのか、(なぜ使わないのか)など目的をしっかりと
コスト削減
人件費の変動費化
パートの際の募集チラシの費用削減
繁忙期の人手不足改善
スポット参戦か、恒久参戦か?

●派遣社員のモラル向上
急に:退職などが派遣社員の場合多い。
優秀な派遣社員の正社員への登用制度

このページのトップヘ